close hamburger

Introduction Introduction

1973年7月3日、グラム・ロックの頂点に君臨しながら自らその幕を下ろした「ロックン・ロールの自殺者」
デヴィッド・ボウイ
宿命の歴史的ライヴ!

David Bowie introduction
David Bowie

2016年1月10日、

稀代のロッカー、デヴィッド・ボウイは

予言的な最後のアルバム『★』を残して逝ってしまった。

 

さかのぼること43年、1972年2月から73年7月にかけて、

「5年後に滅びようとする地球の救世主ジギー・スターダスト」という物語を引っ提げ、

25歳のボウイは、クィーン・エリザベスⅡ世号に乗船し

イギリス、アメリカ、日本を巡る1年半の長期ツアーを決行した。

 

そして73年7月3日、

ロンドンのハマースミス・オデオン劇場での最終公演。

華やかで妖しいグラム・ロックの寵児ボウイは、コンサートの最後で、

突然自らグラム・ロックを葬り去るのだった。

Fans

監督は、ハンディカメラと同時録音によるドキュメンタリーの第一人者で、
すでにボブ・ディランやジョン・レノンを撮影し、ゴダールとも仕事をしていた、D.A.ペネベイカー(2012年アカデミー名誉賞受賞)。
衣装は、71年に日本人として初めてロンドンでコレクションを行った27歳の山本寛斎。

 

ジギーの物語と言葉の意味が伝わりやすいように、初めて全曲に新訳で歌詞字幕を挿入。字数制限のある中、ボウイの意図を簡潔に表現した翻訳は、
元ミュージシャンでもある寺尾次郎。

Tracks Tracks

  • 君の意志のままに
  • 屈折する星くず
  • あの男を注意しろ
  • フリークラウドから来たワイルドな瞳の少年
  • すべての若き野郎ども
  • ユー・プリティ・シングス
  • 月世界の白昼夢
  • チェンジス
  • スぺイス・オディティ
  • 私の死
  • 気のふれた男優
  • 時間
  • 円軌道の幅
  • 夜をぶっとばせ
  • サフラジェット・シティ
  • ホワイト・ライト/ホワイト・ヒート
  • ロックン・ロールの自殺者
About image

Musicians Musicians

Musicians image

デヴィッド・ボウイDavid Bowie

1947年1月8日、英ロンドン南部ブリクストン生まれ。本名デヴィッド・ロバート・ジョーンズ。67年、デビューアルバム『David Bowie』を発表。69年のアルバム『スペイス・オディティ』のヒットを経て、72年『ジギー・スターダスト』をリリース。グラム・ロックの旗手として人気を拡大、日本を含む大規模なワールドツアーを敢行。その後分身ともいえる「ジギー・スターダスト」という人格を封印、アメリカに拠点を移す。映画『地球に落ちてきた男』(1976年/ニコラス・ローグ監督)に出演。ジョン・レノンとの共作シングル『フェイム』で初の全米1位を獲得する。

 

77年~79年にベルリンに移住し、のちに「ベルリン三部作」と呼ばれるアルバム『ロウ』、『ヒーローズ』、『ロジャー』を発表。

 

再度アメリカに戻り83年『レッツ・ダンス』で名プロデューサー、ナイル・ロジャースを起用、全米4位、全英1位というキャリア最大のメガヒットを記録した。またその頃、『ハンガー』(1983年/トニー・スコット監督)、『戦場のメリークリスマス』(1983年/大島渚監督)、『ラビリンス/魔王の迷宮』(1986年/ジム・ヘンソン監督)など映画の話題作への出演が相次ぐ。

 

89~91年頃のロック・バンド“ティン・マシーン”としての活動や、その後はソロとしてもコンスタントに新作を発表しワールドツアーも行ってきたが、2004年心臓麻痺による体調不良により活動を休止。約9年間シーンから遠ざかっていたが、2013年に『ザ・ネクスト・デイ』で電撃復活を果たした。

 

2016年1月8日、69歳の誕生日に『★』を発表、その2日後の1月10日、死去。

Staff Staff

D.A.ペネベイカー

1925年7月15日,イリノイ州バンストン生まれ。1960年代初期にドキュメント映画、記録映画のよりストレートな表現方法とされた「ダイレクト・シネマ」ムーブメントの代表的人物、リチャード・リーコックとロバート・ドリューとともに、「ドリュー・アソシエイツ」を設立。しかし1963年、リーコックとペネベイカーは、自分たちのプロダクション「リーコック・ペネベイカー社」設立のため、「ドリュー・アソシエイツ」を去る。

 

1965年、ペネベイカーのもとに人気絶頂のシンガー、ボブ・ディランのドキュメント映画製作の依頼が舞い込み、『ドント・ルック・バック』を製作。ロック・ドキュメント映画の歴史を塗り替えてしまうほどのリアリティーに満ちた傑作と評価され、ペネベイカーは一躍ダイレクト・シネマ=シネマ・ヴェリテの旗手として注目を集める。1968年にジミ・ヘンドリクスのギター・パフォーマンスで知られる『モントレー・ポップ・フェスティバル‘67』、1969年にジェリー・ルイスとリトル・リチャードによる『Keep On Rockin’』を発表。そしてデヴィッド本人からの指名により本作『ジギー・スターダスト』の記録を任される。
のちに妻のクリス・ヘジダスと設立した会社「ペネベイカー・ヘジダス・フィルムズ」は影響力のあるドキュメンタリーを数多く製作している。

 

また1960年代初期、ペネベイカーはフランス・パリに滞在中にヌーヴェルヴァーグの映画作家ジャン=リュック・ゴダールと出会い、映画を共同製作する話が持ち上がったが、結局頓挫してしまう。
数年後、ゴダールのオファーで再び話が持ち上がり、アメリカの公共テレビ局PBSも出資に合意。ヴェトナム反戦運動や五月革命がパリで起きたように、カリフォルニア州でも起きるというゴダールの主張で、アメリカのバークレーやニューヨークで撮影が行われた。この映画は当初、ゴダールにより『One A.M』というタイトルがつけられた。日本では、このタイトルを訳した『ワン・アメリカン・ムービー』(日本未公開)という名で知られている。ただし日本以外では、その後に改題した『One P.M』ないしは『1PM』というタイトルで知られている。

 

2012年第85回アカデミー賞にてアカデミー名誉賞を受賞。

Theaters Theaters

地域 都道府県
劇場 公開日
関東
東京

下高井戸シネマ

2017/3/18(土)~

K’s cinema

2017/1/14(土)~

立川シネマシティ

2017/2/25(土)~

ユジク阿佐ヶ谷

2017/2/25(土)~
神奈川

横浜シネマリン

上映終了
千葉

シネマイクスピアリ

上映終了
群馬

シネマテークたかさき

2017/2/18(土)~

プレビ劇場ISESAKI

上映終了
北海道・東北
宮城

チネ・ラヴィータ

上映終了
中部
長野

アイシティシネマ

上映終了
愛知

センチュリーシネマ

上映終了
石川

シネモンド

順次公開
富山

富山シアター大都会

2017/2/25(土)~
近畿
大阪

シネ・ヌーヴォ

順次公開
京都

京都みなみ会館

順次公開
兵庫

元町映画館

順次公開
中国・四国
広島

広島サロンシネマ

順次公開

シネマ尾道

順次公開
岡山

シネマ・クレール丸の内

2017/2/25(土)~
愛媛

シネマルナティック

上映終了
九州・沖縄
福岡

KBCシネマ

上映終了
鹿児島

ガーデンズシネマ

2017/3/4(土)~
沖縄

桜坂劇場ホール

順次公開